330の胃袋 ☆

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧




すし栄 ☆

東千葉、多分絶対 すし栄さんに出会わなければ降りることのない駅

また片道1時間40分の旅に出てきました。

行きはお鮨を食べれると思えば近く 帰りは酔っ払って

いるから遠く感じすといったまさにすし栄マジック

この日は鮨やとは思えぬ洒落たひと品から

卵をくり抜いて夏らしく蒸した雲丹と海老とおくらのジュレ

a0107822_12462739.jpg



美酒の設計 秋田年一のもので米の風味いっぱい

a0107822_1245441.jpg


紫雲丹

a0107822_12464941.jpg


鮑の雲丹醤油
鮑と雲丹は同じものを海の中で食べているから合うらしい

a0107822_12475978.jpg


まずは刺身で

a0107822_1248367.jpg


次は蒸して 蒸すことで刺身より甘みが増してくる

a0107822_124959.jpg



a0107822_12502072.jpg


つぶ貝

a0107822_12504458.jpg


黒田庄にうまれて 九平次 酸味が強い

a0107822_12513892.jpg


a0107822_12525331.jpg


藁で炙ったかました 山葵と塩で

a0107822_12523483.jpg


大島で揚がった金目鯛 肝は甘く 山椒に昆布で

a0107822_1254454.jpg


新政 ラビス

a0107822_12552669.jpg


a0107822_12554096.jpg


まこかれい

a0107822_12563133.jpg


磯自慢 特別純米

a0107822_1256576.jpg


鬼海老 醤油はスチームで 

a0107822_12575456.jpg


そしてその後にシャリを後のせ

a0107822_12582245.jpg


生とり貝

a0107822_12585915.jpg


とげ栗蟹 毛蟹の元祖だとか

a0107822_12594095.jpg


a0107822_1259542.jpg


自家製の蟹味噌 あまりの旨さに重厚感のあるお酒をお願いする

a0107822_131846.jpg


鍋島 合うでしょう

a0107822_1314061.jpg


のど黒 熟成させた脂がのっているので山葵を大量につけても脂が勝つ

a0107822_13365.jpg


田酒 発泡

a0107822_135315.jpg


a0107822_1352279.jpg


墨烏賊

a0107822_1354155.jpg


鯛の白子キャビア添え

a0107822_1363088.jpg


久保田 翠壽

a0107822_1372659.jpg


胡麻ふぐにからすみ 高級山椒 山椒がいい具合にまっちて 鍋島に合うのだ

a0107822_1332311.jpg


こはだ

a0107822_131920100.jpg


鮪かま下を芽葱で

a0107822_13211523.jpg


蟹はスチーム醤油で

a0107822_1322823.jpg


青柳

a0107822_13223882.jpg


七田 夏純 

a0107822_13231920.jpg


関の鯛 橙のエキスをスチームで 爽やかな味わい

a0107822_1324177.jpg


十四代 純米大吟醸極上諸白

a0107822_13262862.jpg


まこかれいは昆布〆で

a0107822_13271653.jpg


白海老と口子 旨すぎる

a0107822_1327567.jpg


金目鯛

a0107822_13283391.jpg


赤身

a0107822_13292994.jpg


本丸十四代

a0107822_13295661.jpg


ここにくると十四代や而今など他ではなかなかお目にかかれないお酒がこれでもかとでてくる

a0107822_1331163.jpg


縞鯵

a0107822_1332194.jpg


而今の純米吟醸

a0107822_13323945.jpg


ホッキ貝の炙り

a0107822_13334720.jpg


ぶどう海老

a0107822_13341215.jpg


5月下旬でこの大きさ

a0107822_13344939.jpg


穴子と胡瓜巻き シャリはありません

a0107822_13355932.jpg


甘い頬月でフィニッシュ

a0107822_13362988.jpg


ここにくるとお鮨同様にお酒が毎回目新しいものにお目にかかれるのも楽しみのひとつなのである。

次はいつにしようかな

[PR]



by rusank330 | 2015-07-24 12:38 | お寿司

うお徳 再訪 ☆

訪問から1週間、コスパの良さに急遽連絡したら

ラッキーなことに予約できた。

この日も10300円のコースで

a0107822_14250437.jpg



前回かなり呑んでいたので酒好きと覚えられていたようだ003.gif

a0107822_14250428.jpg


前回よりかなり品数が多いとみた

握りは

a0107822_14250550.jpg



とても美味しかったのだが、私はあることが気になってしまった。
前回は座る席が違ったからなのかわからなかった…

残念だが 3度目はなくなってしまった014.gif
[PR]



by rusank330 | 2015-07-23 15:19 | お寿司

鮨 喜邑 ☆

予約が取れにくいといわれている 二子玉川の喜邑へ

まずは蛤の濃厚スープをいただく

海老味噌 生の桜海老を使っているらしい

a0107822_1152561.jpg


お酒は奈良の春鹿

a0107822_115459100.jpg


青柳のなめろう 初めていただくが美味しい

a0107822_1154163.jpg


この季節(5月)であん肝 

a0107822_11561297.jpg


お酒の肴が続くがご主人かなりのお酒好きらしい

能登のもずくと蟹の椀

a0107822_11574138.jpg


雲丹の塩辛
濃厚でお酒とちびちびいきたい

a0107822_1158348.jpg


日本酒は広島の富久長

渡り蟹のブランデーと日本酒漬
こういうものは上品ぶっていただくより手を使って
最後は日本酒をたらして旨みをひとつ残さぬように吸いこむようにいただく

a0107822_120392.jpg


広島の加茂金秀

いよいよお鮨

まずはシンプルに海苔巻き 三陸産の海苔

a0107822_1242437.jpg


がり

a0107822_1253428.jpg


鰆は二週間寝かせる

a0107822_1261796.jpg


甘鯛は10日寝かせるとまるで昆布でしめたかのような風味になるのだ

a0107822_1273333.jpg


小鯛は三時間

a0107822_128166.jpg


水烏賊は黄身醤油で10日 濃厚で烏賊のねっとり感がまして口の中に吸い付く感じ

a0107822_1283174.jpg


鯵は6日 薬味はシャリとの間におくことで一体感が増す

a0107822_1294842.jpg


生とり貝は厚みに驚く

a0107822_121044100.jpg


お酒は島根のものに

a0107822_12124131.jpg


カワハギは4日間寝かせて

a0107822_1211368.jpg


カジキ鮪はなんと45日 好んでかじきっていうとなんか身のパサパサ感のイメージがあったけど
旨みぎっしり

a0107822_12122623.jpg


鯵はスト醤油で〆ているので酸味の中に醤油の風味を感じる

a0107822_12144125.jpg


蛸は細かく包丁を入れることで蛸の風味が増すらしい

a0107822_12152065.jpg


奥薩摩 兵庫のお酒

a0107822_12155119.jpg


金目鯛は3週間 歯がなくても口の中でとろりと

a0107822_12165672.jpg


きすは、芝海老のおぼろで きす独特の酸味はがおぼろの甘みを味わえる

a0107822_1218345.jpg


次はなんでしょう

a0107822_12192045.jpg


鰹の丼 これ美味しいです

a0107822_12282433.jpg


悦凱陣 香川

a0107822_12301119.jpg


お酒は品数はこのような感じ

a0107822_12311055.jpg


蝦蛄

a0107822_12314139.jpg




a0107822_12321067.jpg


干瓢巻きで締めくくる

a0107822_1233976.jpg


全て熟成させたネタの数々 ご主人曰く寝かせることで魚自ら旨みを出していく手助けを

しているだけのこと。とても美味しかった。
[PR]



by rusank330 | 2015-07-23 11:50 | お寿司

鮨 市川 上野毛 ☆

休暇2日目は 上野毛の市川へ 

30代前半の若い店主の店だ

a0107822_10182820.jpg


いつもながら初見の店は緊張する

明石の平目

a0107822_10194945.jpg


平日6時なので店内は私達だけ

a0107822_10211135.jpg


和歌山の鰹  対馬の塩でいただく 前日のうお徳同様塩にこだわっているらしい

a0107822_10221160.jpg


日本酒スタート

a0107822_10271396.jpg


宮城の女川の鮑

a0107822_10295148.jpg


千葉の富津あたりので獲れた太刀魚

a0107822_1031258.jpg


ガリをいただく

a0107822_10313244.jpg


義侠

a0107822_1032751.jpg


こはだ 好みより若干〆が強かった あくまでも好みとして

a0107822_10333660.jpg


鮪の赤身は長崎の壱岐産

a0107822_10332026.jpg


中トロ

a0107822_10351880.jpg


大トロ

a0107822_10433432.jpg


お酒の片口も洒落ている

a0107822_10435079.jpg


だるま烏賊 外房で剣先烏賊の仲間らしい

a0107822_10445785.jpg


日本酒も当然進むわけで

a0107822_10454922.jpg


鹿児島の鯵

a0107822_10471444.jpg


鯛の子供 かすご

a0107822_1047466.jpg


さらに日本酒

a0107822_10484689.jpg


のど黒

a0107822_1048241.jpg


脂がかなりのっているのでこの程度のしゃりがあっている

まだ呑むよ

a0107822_10501846.jpg


中トロ漬

a0107822_10511376.jpg


煮浜は身がかたかった。。。

a0107822_1052755.jpg


最後は穴子

a0107822_1052491.jpg


シャリは好みであった。全体的に鮪が多いので値段に反映されてる感じである。
[PR]



by rusank330 | 2015-07-22 09:00 | お寿司

新橋 大和鮨 ☆

夏生まれですが、夏は苦手

とにかく 先月から忙しい042.gif

そんな時はやっぱりお鮨でパワーチャージ

a0107822_12111965.jpg



思いつきで且つ仕事帰りだったから 新橋の大和鮨

ここ3年くらいご無沙汰だったけどお気に入りの板さんが戻ってきたら お鮨食べたくて フラってよりたくなったら行ってみよ019.gif

写真を一気にアップできるこのアプリ超便利
Jさんありがとうございます024.gif

[PR]



by rusank330 | 2015-07-21 23:02 | お寿司

曳舟 うお徳 ☆

休暇1日目特別予定も立てていないので都内でのお鮨や廻りをする

曳舟のうお徳へ

かなり概観からすると歴史を感じる

a0107822_1174860.jpg


若竹のお吸物

a0107822_1172065.jpg


烏賊飯

a0107822_1182938.jpg


一番美味しいところをいただく

a0107822_1191450.jpg


日本酒はどれもリーズナブル 二合で通常の一合価格と良心的

a0107822_11101733.jpg


a0107822_11144834.jpg


カワハギを肝と一緒に

a0107822_1112101.jpg


河豚の皮

a0107822_11125055.jpg


小柴の平目を昆布巻きで

a0107822_1114334.jpg


蛸の柔らか煮

a0107822_1115988.jpg


あん肝

a0107822_11152822.jpg


お酒が進むです

藁で炙った鰹

a0107822_11165338.jpg


これ美味しかったな

a0107822_11172916.jpg




a0107822_1118121.jpg


端休めとして菜の花の辛し和え

a0107822_11183377.jpg


お酒好きなんでねぇと鮑の肝がでてきた

a0107822_1119217.jpg


自家製の肝味噌

a0107822_11205156.jpg


烏賊

a0107822_1129314.jpg


大トロ  グッときた

a0107822_11293885.jpg


雲丹

a0107822_11303391.jpg


墨烏賊 ねっとり

a0107822_11305240.jpg


こはだ

a0107822_11315758.jpg




a0107822_11322121.jpg


鰹の漬

a0107822_11331432.jpg


椎茸煮 これは滋味深い味で

a0107822_11333518.jpg


穴子

a0107822_11345680.jpg


お吸物

a0107822_11351548.jpg


コースで10300円というなんとも素晴らしいコストP

お酒はやはり2人で一升ちょい しかし明瞭会計で消費税もサービス料もなしという眼から鱗

駅から徒歩15分 帰りはスカイツリーを眺めながら帰るので行きよりはあっという間であった
[PR]



by rusank330 | 2015-07-21 09:00 | お寿司

初音鮨 ☆

何度目かの初音鮨

a0107822_09231314.jpg


どうやら今年から写真厳禁が解禁したらしい。理由は外国人が増え写真を撮りたがることと最近のお食事事情を考えたらそう厳しいことも言っていられなくなったらしい

でもこちらでは食べることに専念したいから写真は一部だけ
富山 氷見 鮪 74キロ

a0107822_09231389.jpg


a0107822_09231338.jpg



墨烏賊 薄塩3日
山廃純米 旦 山梨
小肌
赤貝 は水洗いに湯洗い 一晩 紐をはさんでいただく
鰆 旨味 背なら14日 腹一週間寝かせているらしい
栃木 超辛口 純米 きれがよい 大那 17度
鮪 もちろん天然 赤身 室温 まんまは10年ぶりらしい。
赤身 漬け 漬けの醤油はつきだし
肉のような香りがしていた
まんまと、漬け 対極を味わってみる
牡蠣 真牡蠣 ボイルして
口に近くなると磯香りが鼻腔をくすぐる
生軍艦以外はじめて
牡蠣汁 かなり濃厚 肝臓に良さそうだ
純米大吟醸 長崎 横山 50 やや甘め
中トロと漬け
津軽海峡 の寒平目 エンガワ 3日は寝かせる 薄切り三枚 エンガワ 肝を重ねて 肝も一度蒸して 昆布の風味に肝 何十奏に舌の上で奏でられる
大トロ
あらしばり 菊姫 石川
大トロ 漬け
寒鱈 白子 蒸して
寒鰤 焼豚みたい わさびがきいている
鰆のうんちく 岡山が一番らしい
鳥取 松葉蟹をいっぱいほくして贅沢に
鉄火巻き
飛優 海苔
干瓢
〆はカステラのように甘くてふかふかな卵

a0107822_09231311.jpg



これは一月半ばの訪問。
よくおいくら?と聞かれるのでコースは20,000円に消費税、あとお酒は2人とも呑むので〔上は一部〕ざっと片手1本にお釣りが煙草一箱くらいでしょうか。003.gif









[PR]



by rusank330 | 2015-07-20 09:14 | お寿司

330のさもない胃袋のお話を・・・・
by rusank330
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のトラックバック

新橋 鳥九 鳥九コース
from Tommyのきままなグルメラ..
新橋 魚金4号店 刺身六..
from Tommyのきままなグルメラ..
ジャケ・ピックアップ
from さくさく
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
絶品!!ブルーベリーソー..
from 「料理と趣味の部屋」
創作「きのこソースのハン..
from 「料理と趣味の部屋」
品川・インドカレー「デヴ..
from しずる!写真グルメガイド

ファン

ブログジャンル

画像一覧