330の胃袋 ☆

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧




マッシュ祭り ☆


 スヌ子お料理教室の皆様で岡山のミツクラファームで大量のマッシュールムを購入

キノコ類って軽いけど かさが増えると重いんだと帰り道 実感したわけで

大量のマッシュをあれこれ料理


自家製ツナのオイルでBIGマッシュを炒めたもの

a0107822_1192484.jpg


自家製ツナには大量の油を利用するので それも寿油 だから
捨てるなんてありえないわけで 以外にもソーメンへたらしたりと Eco利用しているわけ


鴨とカブのサラダ

a0107822_11125771.jpg


ここのマッシュは生でいただくほうが美味しいわけで カブの白とかぶって(!!)

分りにくいけど 鴨とグレープフルーツがよく合いました。


まだまだあるマッシュは、ブレンダーで撹拌してオイルで炒めた後 ジップロックで

小分けして冷凍。いろいろ使えそうです

060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif060.gif


昨日は、スヌ子会のオフ会でした

本当に良く呑んだなぁ 前菜からテリーヌを焼いたもので あの会にベジタリアンや

いわゆる下戸はいないわけで こんな食の合う皆様が出会える場所も珍しいかもと

思った夜でした049.gif
[PR]



by rusank330 | 2011-06-19 11:19 | おうちごはん

すし 久遠 代々木上原 ☆

美容院の後、時間は3時半 金田に行こうにも時間をもて余し
急遽、代々木上原にある すし久遠へ
こちら3時開店という 昼から呑みたい私達にとっては素晴らしい鮨やなのである

a0107822_20491150.jpg


若布と茗荷を烏賊の墨でいただく

a0107822_20492178.jpg


カレイの肝
とても小ぶりに美しい 

a0107822_20493944.jpg


思わず日本酒でしょ

a0107822_20501050.jpg


春鹿 奈良のお酒 最近お鮨やというとこの春鹿をいただく
季節に応じては秋鹿というのもあるらしい

ち鮎 
柔らかく身が柔らかい 

a0107822_20502955.jpg


知床の鰹を北海道の山山葵で

a0107822_20504492.jpg


山山葵も生なので風味豊か

店内はもちろん私達だけという贅沢な空間

a0107822_2051164.jpg


ネタケースも見てて素敵

a0107822_20511617.jpg



穴子の白焼き 大分産

a0107822_20515099.jpg


これは驚いた 表面を軽く炙りほとんどレア
身がこりこりしていて 初めていただく

冬瓜

a0107822_20521328.jpg


ガリ このガリ初物をつけているので繊維がなく柔らかい

a0107822_20522887.jpg


きすの昆布〆

a0107822_20524472.jpg


こはだ 〆がいい具合 かどがない

a0107822_2053119.jpg


白烏賊
この添えてあるのが山山葵を鰹と葱で合えたもの
これだけで呑める

a0107822_20531414.jpg


かすご鯛

a0107822_20545588.jpg


3216曰く今までかすご鯛は好んでいただかなかったこれは美味い
とのこと 

思わず二杯目
こちらグラスは全て切子 この凹凸が美しい

a0107822_20551823.jpg


高部の塩焼き 伊豆大島の魚
a0107822_20554190.jpg


はじめていただく この時期脂がのっているのは珍しいらしいとか

紫アスパラを生で

a0107822_2056261.jpg


水水しい 筋などない

位置的にいいアングルで撮れなかったけど壁にも切り子のグラスが

a0107822_20563772.jpg



おっ!!鮪 新潟の佐渡鮪

a0107822_20565294.jpg


 中トロ 口の中でと・け・た・

a0107822_2057699.jpg


鯵を白胡麻で

a0107822_20572328.jpg


これは美味しいね 白胡麻の繊細さと鯵のコラボ
でも鯵がけして胡麻に邪魔されていない

a0107822_20574342.jpg


伊勢の鳥貝 甘くてこんなに肉厚なのは、確か神戸の鯛すしでもいただいた

a0107822_2058168.jpg


えんがわ焼

a0107822_20593976.jpg



蛸の小豆煮

いままで柔らかい蛸はずいぶんといただいてきたけどこれは柔らかく甘い
小豆の風味もほのかに感じる

a0107822_20581857.jpg


何を作っているんだろう 

a0107822_20595847.jpg


雲丹でした 器も洒落ている
塩でいただく礼文島の雲丹はどこまでも甘い

a0107822_2101449.jpg


穴子の頭を揚げて煮込んだけのスープ
これは、美味しかった 出汁がよく出ていて 頭もいただく

a0107822_2105857.jpg
 


蝦蛄 岡山産 藻塩でいただく
雌なので中に子供が コリコリしていて私は雄より好み
洒落たお皿は相模湖で焼いてもらっているとか

a0107822_2112629.jpg


鮪漬け 和辛しで

a0107822_2113978.jpg


車海老
塩と頭は味噌がそのまんま 頭をいただくと味噌の濃厚さに悶絶

a0107822_2121743.jpg


玉子をいただくがこちらはオーダーしてから焼いてくださる
熱々で甘い これも好みだな

a0107822_2123639.jpg


大阪湾の穴子 塩とつめで
先ほどの焼いた穴子とは全く違う どこまでも柔らか

a0107822_212549.jpg



お任せはここまで お腹は十分 でもまだ食べたいので
巻物でトロタクを

a0107822_2132091.jpg


握りでも

a0107822_2134628.jpg


山山葵巻き

a0107822_2141941.jpg


海苔は厚めだけどパリ感がなかった 唯一残念

デザートはアールグレイのアイス

a0107822_2151854.jpg


もうどこまで入るのか 私の胃袋 !!!

お鮨屋はいろいろ行くけど思わず次回の予約をしてしまいたくなった
ご主人は、とても感じの良い 品のある方で いい素材をさらにご主人の感性も
合わさり 芸術にかえっていった

a0107822_2163140.jpg


たぶんそう遠くないうちにいくこと間違いなし072.gif072.gif072.gif 
[PR]



by rusank330 | 2011-06-13 21:07 | お寿司

Au goût du jour Nouvelle Ère ☆

有給をとって monmonさんと平日のランチデート

久々に丸の内あたりでもぶらつきますか、ということで新丸のフレンチ
オーグードゥジュールへ
私もmonmonさんも 麹町のオーグードゥジュールで三層仕立てのフォアグラを
いただいて感動して以来 日本橋にといろいろ贔屓にしているお店

この日はシェフのおススメのコースをセレクト

まずはシャンパン

a0107822_160428.jpg


a0107822_161655.jpg



燻製したベーコン、玉葱のシフォン 同じく燻製したクリームで

a0107822_162143.jpg


燻製したベーコンが香りを楽しみながらまずはそのまま
その後 クリームをつけていただく クリームを燻製するってどうなんだろう
泡立てる前なのだろうか 
最初にシフォンと思うけど軽いのでいただける


前菜

a0107822_1622775.jpg


野菜のムースの下は蟹の身がたくさん ソースはトマト
トマトの酸味とムース甘みがうまく調和している

a0107822_1625556.jpg


バターは無塩で墨を使った岩塩で

a0107822_1631347.jpg


シェフのスペシャリテのひとつ
軽く温めたサーモンの軽い燻製、ゴマ風味、山葵の冷たいクリームソース

a0107822_1633890.jpg



サーモン好きとしては 外せない一品だよね
ほとんどレアなサーモンに胡麻の食感、山葵が主張していないので ややサーモン脂を
抑える程度のソースが美味しすぎ
思わずご飯ともうひと皿といいたくなる。

a0107822_1635627.jpg


ワインは白のRULLYで
かなりしっかりしているので 肉系の食事とも合うということでこちらをセレクト

a0107822_1642013.jpg


a0107822_1643923.jpg


「ガトーフォアグラ」 柑橘の香るソース

a0107822_1653658.jpg


ここにきたら外せないフォアグラは、ガトーというだけあって デザート仕立て
フォアグラの濃厚さをシナモンでと蜂蜜のソースで フォアグラのときはいつも
貴腐ワインをセレクトするがこの蜂蜜を煮詰めた感じのソースが合うな
横の赤いソースは ビーツでなくバームという野菜らしい 酸味があるので
濃厚 酸味でお互いで盛り上げる感じ 

a0107822_1661511.jpg



しらぬかという白身に上の皮のようなのは食パンをかなりペタンコにして
焼いたもの 茸はもりゆうたけというらしい じゃが芋とハーブ(失念・・・・)を
をマッシュしたもの

a0107822_1664248.jpg


メインに備えて赤を二種オーダー
CAMENSAK 2005 ボルドーの赤 

a0107822_1671171.jpg


ラベルでチョイスしたのがドメーニュ・リショー 
日本限定新酒だとか 

a0107822_1673416.jpg


奥がCAMENSAK 色味が濃い
リショーのはまだ若い果実というかCAMENSAKのほうが好みであった


a0107822_1675844.jpg


シェフのスペシャリテ ラム
ラムは好んで食べないが、仔羊だし おススメというので

a0107822_1683432.jpg


確かにねこの皮の部分に包丁をいれ更にミンチしたものをはさんでいる
これね、羊苦手な人のいわゆる独特な香りはあるけど 柔らかくて美味しい

a0107822_168557.jpg


おまけに小玉葱

a0107822_1692212.jpg


中にもミンチがこれは手がかかっている 玉葱の甘さがよく合う

a0107822_1695121.jpg


デザート

ヘーゼルナッツのブラマンジェにブラッドオレンジのソース
ヘーゼルナッツが濃いのでオレンジソースと合わせていただく

a0107822_16102328.jpg


こちらのお料理って 食材ひとつひとつ主張するものなんだけど 組み合わせ
によってより単品ではありがちのヘビーさがなくなりでも双方引き立てている

白胡椒のアイスにレモンクリームタルト

これ私が最近いただいたデザートではピカイチ

a0107822_16121262.jpg


特にこのアイス 最近 胡椒のアイスってそう珍しくないけど 香辛料なのに甘さがあって

もう一皿というところ レモンタルトもレモンが強調されていなくて美味しい

こういう組み合わせってシェフの頭の中に詳細に計算しつくされている感じ



プチフル
アールグレイのプチフィナンシェ

a0107822_16145326.jpg


ふと外を見るとキティバス

a0107822_16151034.jpg


いやいや大満足やっぱり平日のランチって 気兼ねなくアルコールもいただけるし
いい。
帰りにシェフがご挨拶。美味しいもの作る顔をしていた072.gif072.gif072.gif
[PR]



by rusank330 | 2011-06-03 11:40 | フレンチ 

330のさもない胃袋のお話を・・・・
by rusank330
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のトラックバック

新橋 鳥九 鳥九コース
from Tommyのきままなグルメラ..
新橋 魚金4号店 刺身六..
from Tommyのきままなグルメラ..
ジャケ・ピックアップ
from さくさく
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
絶品!!ブルーベリーソー..
from 「料理と趣味の部屋」
創作「きのこソースのハン..
from 「料理と趣味の部屋」
品川・インドカレー「デヴ..
from しずる!写真グルメガイド

ファン

ブログジャンル

画像一覧