330の胃袋 ☆

カテゴリ:お寿司( 111 )




鮨金 札幌 ☆


 2日目は 札幌の鮨金へ

a0107822_12452471.jpg


はじめての店は毎度ながらドキドキする

a0107822_12471637.jpg


蟹の身

a0107822_12471164.jpg


サザエ

a0107822_12494462.jpg


日本酒がいただきたくなった

山形の山廃

a0107822_1251846.jpg


甘海老の昆布〆

a0107822_12521466.jpg


昆布の香りと独特なねっとり感が口の中でその旨みが広がっていく

がり  十分につまみになる

a0107822_12532320.jpg


北寄貝

a0107822_1302277.jpg


するめ烏賊

a0107822_1331777.jpg


腸でいただく 前日の生姜のさっぱりとは異なるがこちらも好み 

まごかれい エンガワももちろんついている

a0107822_1345485.jpg


秋刀魚と胡麻はあう

a0107822_135548.jpg



厚岸産の牡蠣の燻製

a0107822_12543983.jpg


これまた旨い どの品も丁寧に仕事されているのがわかる

蛸煮 柔らかな

a0107822_12555587.jpg


鰹 この薬味がいい 大葉にエシャロットだとか 生姜は使わないらしい

理由は生姜をつかうと生姜だけ主張されるからだとか

a0107822_12572265.jpg


白子

a0107822_137827.jpg


平貝

a0107822_1375355.jpg


握りがはじまる

a0107822_138395.jpg


白身でしたが失念

a0107822_13104082.jpg


シャリはかなり堅め 酢は赤酢 赤酢独特のにおいもなく超好み


鮪 函館産

a0107822_1333553.jpg


正直昨日の同じく函館産の鮪より美味しい それをいうと いいものは函館より札幌へ流れてくるから

とこたえる大将

中とろ

a0107822_13145015.jpg


文句ないです 

ぼたん海老の昆布〆

a0107822_1316938.jpg




a0107822_1317152.jpg


鯵の薬味も鰹と同じ 利いてる

北寄貝の炙り

a0107822_13183243.jpg




a0107822_13191614.jpg


するめいかの炙り

a0107822_1320342.jpg


鮨ネタで烏賊を炙るのは初めてだ

カウンターも美しい お鮨屋のカウンターってオープンキッチンだから 見ていると楽しい

a0107822_13223960.jpg


紫雲丹

a0107822_13234884.jpg


蝦夷ばうん雲丹

a0107822_13242994.jpg


両方とも旨いが 紫雲丹のほうがより甘みがあり美味しかった

釧路産のいくら

a0107822_1326118.jpg


海苔も旨いが このいくら目を閉じていると 卵の味がする

たまご  芝海老のすり身が入っているのでふわふわでカステラみたい

a0107822_13282845.jpg


地の野菜たち

a0107822_1330419.jpg



頬月をいただく 初めていただくが程よい酸味 美味しい

a0107822_13304726.jpg



メニューはお任せのみ お酒もけして安いわけではないが 

肴もどれも美味しくついつい日本酒を二合いただいてしまった

寡黙な職人肌の大将であるが 次回来たいと思う店であった
[PR]



by rusank330 | 2012-09-09 07:25 | お寿司

鮨 おおね田 函館 ☆

 わずか2日の休暇は 北海道へ 

1日目は 東京での知り合いが地元に帰り 自分の店を持ち

そして今年 ミシュランで☆1つをめでたくとったということでお祝いに 

a0107822_1013161.jpg


函館空港から函館へ向かうバスの中にも こんな貼り紙が

a0107822_10121339.jpg


函館からバスで1時間半 鮨 おおね田へ

どんどん上がる運賃・・・遠い

a0107822_10123238.jpg


着きました


a0107822_10103996.jpg



会うのは 4年ぶり

挨拶もそこそこに いただく


雲丹 朝とれたて 店のすぐそばでとれたらし 

a0107822_10275745.jpg


甘くて旨い 素材の良さは地元ならでは

蟹の身

a0107822_10302679.jpg


するめ烏賊 

a0107822_1032467.jpg


鮪 ステーキのようだ 函館の鮪

a0107822_10534199.jpg


赤身

a0107822_10354280.jpg


帆立

a0107822_10561839.jpg


北寄貝

a0107822_10575090.jpg


きんめ鯛 これほど大きいのは珍しいらしい もちろん朝水揚げされたもの

a0107822_1102117.jpg


暖簾は常連さんがミシュランのお祝いで作ってくれたそうだ

a0107822_1142866.jpg


ちなみにミシュランの調査 こんな田舎(失礼)にフランス人がきたのでビビビときたらしい

やっぱりデブですか?に すごくスリムらしい・・・


新秋刀魚 今年は昨年より少し早めらしい

a0107822_1153261.jpg


脂ものってるし旨いです

a0107822_1162514.jpg


土瓶蒸し

a0107822_1171651.jpg


具材は松茸に海老に鱧かと思いきや 後でわかったのが生の穴子

これがすごいいい味だしてる 個人的に土瓶蒸しって人がいうほど興味ないけど

これは美味しかったな

a0107822_1181367.jpg


a0107822_11102216.jpg


バイ貝

a0107822_11111838.jpg


生のこのわた

a0107822_1120757.jpg


酒のみにはたまらないです

このわたっていつの東京でいただくのは内臓色だが 新鮮な生はオレンジらしい

くりから

a0107822_11231100.jpg


くりからとは鰻らしい 脂ののった鰻を串にさしたもの いやいや美味しいです


山芋 鰻の後に絶妙なタイミング


a0107822_11561451.jpg


牡蠣

a0107822_11572360.jpg


お鮨はどのくらいけそうですか?いくらでも というやりとり

まずは真鯛

a0107822_11584417.jpg


秋刀魚

a0107822_11592437.jpg


とり貝 甘いな

a0107822_120099.jpg


甘海老

a0107822_1202734.jpg


煮穴子 いうまでもなくふわふわ

a0107822_121378.jpg





a0107822_1213248.jpg


いくら

a0107822_121593.jpg





a0107822_1221964.jpg


穴子の湯引 これ文句なしに美味しいです

a0107822_122596.jpg


すけそう鱈のたらこ

a0107822_1244273.jpg


たらこの独特なねっとり感はなく さらっとしてる あ~~ボキャ不足

万願唐辛子

a0107822_1211293.jpg


ねぎとろ

a0107822_1283527.jpg


干瓢巻きは食べたけど写真はいずこ

最後に

a0107822_12123433.jpg



この日は函館でホテルがとれず札幌に行くため最終の8時16分にお店を後に

お土産のスカイツリーを残して

a0107822_12231823.jpg


いくまではとても大変だったけど やっぱり来てよかった

今度は東京での再会を約束して

a0107822_12273267.jpg

[PR]



by rusank330 | 2012-09-08 12:29 | お寿司

かまた寿司 ☆


 近所の鮨や かまた寿司が、新装開店した

茄子の揚げ漬し

a0107822_8253975.jpg


牡蠣

a0107822_8255475.jpg


獺祭の泡を手土産に

a0107822_8282175.jpg




a0107822_8284012.jpg


みる貝

a0107822_8291361.jpg


以前よりお酒の種類も増えて

a0107822_8293950.jpg


サーモン

a0107822_8301935.jpg


しゃこ

a0107822_8303257.jpg


島鯵のかぶと焼き

a0107822_831028.jpg


さっきのサーモンの腹の部分をやいてくれて
これが榎本さんのいいところ

a0107822_83151100.jpg


鮪あれこれ いい色だな

a0107822_8323693.jpg


いくら

a0107822_83250100.jpg


醤油の漬け加減がやっぱり好み

車海老

a0107822_8333377.jpg


漬鮪 噛むほどに醤油の旨みがじわじわと

a0107822_8341025.jpg


朝たべれなかった明太子を

a0107822_8344938.jpg


ネタケースもガラスから桐に 高級感でますね

a0107822_8353419.jpg


めねぎ

a0107822_8355997.jpg


新子

a0107822_8361742.jpg


既に新子というよりコハダ 人の子も魚の子も育つのは早いですな



a0107822_8373413.jpg


とろたく

a0107822_8375863.jpg


穴きゅう

a0107822_8382239.jpg


 店が駅の反対側になり ついつい行く機会が少なくなってましたが やはり歩ける距離に

旨い鮨屋があるのは 人生ちょっぴり得した感じかも
[PR]



by rusank330 | 2012-08-19 07:25 | お寿司

久遠 久々に ☆


 鮨 久遠へ 4ヶ月ぶりの訪問

ここ数ヶ月 わけ合ってお鮨を控えておりました しかし久々ここ最近お鮨をいただいて

やっぱり妥協しちゃいけなよね ということと 誕生日が重なり 久遠を訪問



a0107822_854011.jpg


贅沢に肝をのせてひとくちで

a0107822_862354.jpg


カレイ 塩麹と 肝とでいただく

a0107822_87729.jpg


塩麹だと白身の旨みがまし 肝だと白身の淡白さが際立つ

鰹 

a0107822_875528.jpg


噛むごとに最後のねっとり感がなんともいえない

平目の昆布〆

a0107822_88532.jpg


新子

そろそろ値も落ち着いたらしい 出始めはキロ8万だとか

a0107822_81051100.jpg


この下準備にもコストがかかるんだろうな

今が大きさも一番良いころだとか

a0107822_8113568.jpg


烏賊と山山葵

a0107822_8115980.jpg


毎回おかわりするので かなり盛り盛りで


こちらの来るとグラスも楽しみのひとつ

a0107822_8132670.jpg



a0107822_8131578.jpg



かんぱちのべっ甲鮨  2日寝かしている

a0107822_815389.jpg


水茄子 昆布出汁につけている

a0107822_816260.jpg


鳥取の塩港の鮪

a0107822_8164314.jpg



かすご鯛


a0107822_8172345.jpg


車海老 

a0107822_818956.jpg


しゃりと間に頭の味噌をはさんでいる

a0107822_8182422.jpg


かますの炙り

a0107822_8194449.jpg


青魚 ちょうど脂の乗る時期

蛸 お馴染み小豆で煮込んでいるのこの色 柔らかさ

a0107822_8204116.jpg


貝柱 甘みが濃い

a0107822_820598.jpg




a0107822_822297.jpg


・・・美味い

一番好きなグラス

a0107822_8223031.jpg


帆立の磯辺焼き

a0107822_823642.jpg


海苔は千葉県の姉ヶ崎産 やっぱり海苔が美味くなきゃ鮨屋じゃない(言い切り)

冬瓜 魚の出汁で煮込んで

a0107822_824498.jpg


すべてが美しいなぁ

a0107822_8251797.jpg


秋刀魚 肝を添えて

a0107822_826526.jpg


軽く炙っているのでその香ばしさと肝の苦味の最強のコラボ

美しいグラスだな

a0107822_8273590.jpg




a0107822_8282883.jpg



今宵 私はワインで

a0107822_8285615.jpg


あんきもの生姜煮  西瓜の薄切り

a0107822_8294334.jpg



雲丹 礼文より仕事の丁寧な利尻だとか 

a0107822_8313293.jpg


茶碗蒸し 

a0107822_8315631.jpg


この滑らかさは真似できない

塩いれすら切子

a0107822_8324078.jpg


いくら

a0107822_8331514.jpg


大分の穴子

限りなくレアで

a0107822_8344169.jpg


つめと柚子胡椒で

a0107822_8335124.jpg


ご主人野口さん  気取らない会話とその口調に惚れているのである

a0107822_8362647.jpg


北海縞海老

a0107822_8371595.jpg


a0107822_8372891.jpg



いや~~堪能しました

結論として 鮨屋は妥協はしてはいけないということ

この日 直近の雑誌にでていたこともあり 3時の時点で既に2組がいた

みんな3時からいただけるのって魅力的ということなのであろう
[PR]



by rusank330 | 2012-07-29 08:39 | お寿司

すし処 さいしょ ☆


 久々のお鮨 最近わけあってお鮨をいただいていないこのごろ

近所のかまた寿司にふられ 大井町の すし処 さいしょへ 

a0107822_7352636.jpg



蟹の酢の物 自家製塩辛

a0107822_728464.jpg


この日のおススメの鰯と鯖

a0107822_7292342.jpg


鰯きれい

a0107822_7303963.jpg



岩牡蠣 かなり大きいが味は大味ではなかった

a0107822_7322367.jpg




a0107822_7324255.jpg


握りへ まずは鰯

a0107822_73337.jpg


鯖 前日〆たものらしい 気候を考慮し〆るらしいが もう少し〆たほうが好み

a0107822_7341458.jpg


烏賊

a0107822_7343470.jpg




a0107822_7355870.jpg


赤身はお鮨屋ではマストだが 旨みが残念ながらなかった

雲丹

a0107822_7363976.jpg


雲丹は美味しいが海苔がイマイチ 

海苔といえば 寛八 近ちゃんを思う出だす

穴子と胡瓜のあえもの これはね 外れないね

a0107822_7381215.jpg


穴子 柚子胡椒で

a0107822_7383330.jpg


中トロ

a0107822_7385272.jpg


穴きゅう巻き

a0107822_7392818.jpg


鯖とガリ巻き

a0107822_7395424.jpg


 やっぱりお鮨をいただくたびに 私のナンバーワンはあそこだなと思う

魚も良き者だから 同じ味はふたつとないかが 今回はかなりの辛口で 072.gif1.8かな
[PR]



by rusank330 | 2012-07-16 07:43 | お寿司

鮨 いまむら 白金台 一年ぶりの再訪 ☆

およそ一年ぶりに白金にある 鮨いまむらへ

a0107822_2046478.jpg


この一年の間に ☆の店になっていた

 
コースはおまかせで

まずはつまみで鯛を 塩と醤油でいただく

a0107822_20462828.jpg


みる貝 塩でいただくが甘い

a0107822_20473558.jpg


迷い鰹

a0107822_2048266.jpg


初鰹に戻り鰹は良く聞くが鰹にも方向音痴がいるらしい

茶碗蒸

a0107822_20492119.jpg


平貝 磯部焼きで

a0107822_20494731.jpg


太刀魚 この時期脂がのっているらしい 

a0107822_20502323.jpg


口子

a0107822_2050413.jpg


みる貝のひも 肉厚でまるでホルモンのよう

a0107822_20513431.jpg


やり烏賊

a0107822_20515285.jpg


さより

a0107822_20523249.jpg


白海老

a0107822_20524711.jpg


赤身 鹿児島産

a0107822_20525861.jpg


大トロ こちらも鹿児島

a0107822_20532219.jpg


こはだ

a0107822_20534174.jpg


赤貝

a0107822_20543145.jpg


車海老

a0107822_20545298.jpg


鯵 薬味が絶妙 大葉がまるでバジルのような味わい

a0107822_2055519.jpg


金目鯛 弾力がすごいな

a0107822_20562348.jpg


雲丹

a0107822_20564716.jpg


たまご  黒砂糖なのかデザートみたい

a0107822_20575642.jpg


この日はワインをボトルでお願いする 美人の奥様はソムリエ シャブリ 

a0107822_20595178.jpg


この日は一人でボトルにさらにグラスでも呑んでしまうとは

これだけ失念・・・白身

a0107822_2114946.jpg


干瓢

a0107822_2121379.jpg


自家製のデザート

a0107822_2123749.jpg


総じて美味しい シャリは赤酢 新橋のSに比べると 赤酢が主張しないのは好み

ただシャリが少々大きめ 途中で小さくしてもらったが

そういえば 以前 『人見てシャリの大きさを決める』と言っていたような・・・・

 コースにさらに追加で調子よく呑んでしまい お会計時 片目が飛び出そうに・・・・

一年前は貸切状態であったが☆の威力もあってか満員御礼であった
[PR]



by rusank330 | 2012-03-28 21:10 | お寿司

久遠 ☆

 ミッチーのお誕生日を兼ねて姉と三人で食事会

何食べる?やっぱりお鮨だよね、新規開拓する?でもやっぱり久遠だよね。。。と

そしてやっぱり3時に訪問 

a0107822_9422525.jpg


何度伺っても この扉を開ける瞬間はいつもドキドキします

まずはビールで グラス素敵

サントリーの樽生 呑みやすい

a0107822_9435534.jpg


平目 肝と

a0107822_9441792.jpg


鰹の山山葵漬

a0107822_944437.jpg


きすの昆布〆 昆布で〆ることで身に弾力が増す

a0107822_9453777.jpg


この日は私と姉はワインで ワイングラスも切子です

a0107822_946477.jpg


トンボは厄除けの意味もあるそうだ ご主人からの豆知識 こういう会話も楽しい

ここにはソムリエもいるがワインは白のみ

a0107822_9481028.jpg


やや辛口の癖のない風味

こはだ

a0107822_9485757.jpg


〆かたはいつも一定である 

筍 初物だからまだ身が柔らかい

a0107822_9495411.jpg


桜鱒 この日一番おいしかった魚

a0107822_9502484.jpg


鱒を桜の葉で〆たもの これがね口に含むとまるで桜餅のあの風味で まさに悶絶!!

山女の一夜干

a0107822_9541367.jpg


中トロ

a0107822_9545170.jpg


青柳

a0107822_9551169.jpg


蛍烏賊

a0107822_9554363.jpg


味噌が。。。濃厚

これ鉄板のスルメ烏賊と山山葵 いつもより多め それに辛め それがお酒を進ませる

a0107822_9572059.jpg


かすご鯛 

a0107822_9574162.jpg


真鯛の白子 そろそろ白子も終わりですね

a0107822_958746.jpg


鮪の和辛し 本日は神奈川産

a0107822_9584565.jpg


金目 この脂の乗り加減 もう言葉にできない

a0107822_9593125.jpg


お箸休めに子持ち昆布の菜の花のおひたし

a0107822_1002324.jpg


白魚 ほんのり大葉の香り

a0107822_1005662.jpg


蛸の小豆煮

a0107822_1012596.jpg




a0107822_1013876.jpg


美味しいものだとお酒も進む この日はワインの入れ替えで2種類いただけた

アリド ソービィニョンブラン 蔵直送のワイン 私はこちらのほうが好み

a0107822_1042239.jpg


帆立の肝

a0107822_1054289.jpg


烏賊飯 プチは可愛い

a0107822_106533.jpg


あん肝の生姜煮 西瓜の奈良漬

a0107822_1063445.jpg


雲丹

a0107822_107063.jpg


穴子の肝スープ これが大好きで別に出していただく

a0107822_1082823.jpg


これまた素敵な焼酎のチェイサー

a0107822_109964.jpg


穴子

a0107822_1093020.jpg


葱トロ

a0107822_1094796.jpg


卵焼き

a0107822_1010758.jpg



ご主人の作った竜の切り絵

a0107822_10113100.jpg
 


この日のご主人はとても饒舌で 終始会話が面白かったな

やはり美味しいものは美味しいお酒に会話 やっぱりここのお鮨は好きだしご主人が素敵だ!!
[PR]



by rusank330 | 2012-03-10 10:13 | お寿司

久遠 今年初めてのお鮨を堪能 ☆

 今年初めてのお鮨を1月下旬まで待つなんて

でも冒険するならば 待つべしと じっと久遠の子で待ちました

a0107822_1622937.jpg
 

平目を山葵と肝で 

a0107822_1623034.jpg


焼酎を いつ見ても素敵なグラスだ 私はこのピンクが好きなのです

a0107822_16245031.jpg


山山葵と烏賊 これはこちらにきたらマストです

a0107822_16262364.jpg


鯛の昆布〆

a0107822_162735.jpg


この日はお酒が進む

a0107822_16272991.jpg


こはだ

a0107822_16275394.jpg




a0107822_16283283.jpg


こういう手のかかったものも美味しいですね

穴子のレア焼き

a0107822_16294070.jpg


穴子は煮ると柔らかいのに焼くとこの食感がすごく好き



a0107822_16305259.jpg


銀たら この少量が嬉しい でもご飯と言いたくなる

a0107822_16313313.jpg


車海老は塩と味噌で いつもどっちからいただくか迷う

a0107822_16322296.jpg



山山葵再度お願いする

a0107822_1632591.jpg


a0107822_16331374.jpg


待っている間もネタケースをみて充実な時間を過ごす

a0107822_16335181.jpg


初物の筍 

a0107822_16343550.jpg


こちらに来ると必ずなにか初物をいただける

かすご鯛

a0107822_1635446.jpg


中トロ

a0107822_1636948.jpg


とろける。。

白子

a0107822_16364457.jpg


ふわとろ・・・

赤身の和辛し

a0107822_16373162.jpg


ウォータグラスも切子 

a0107822_1638413.jpg


青柳 食感いいわ

a0107822_16383934.jpg


烏賊飯

a0107822_16385825.jpg


しらす これを握るときの大葉を使う だから香りがほんのりとつく感じがまたいい

a0107822_16401596.jpg


貝柱

a0107822_16403418.jpg


平貝

a0107822_16410100.jpg


この白身。。失念

a0107822_16414439.jpg




a0107822_1642412.jpg


蟹 

a0107822_1642452.jpg


脚がばたつくくらい美味しかったな



a0107822_16433794.jpg


梅の茶碗蒸

a0107822_16435932.jpg


子持ち昆布と青菜の和え物

a0107822_16445036.jpg


美味しいものつくる厨房は美しい

a0107822_16453443.jpg


白海老

a0107822_16462673.jpg


雲丹

a0107822_16465564.jpg


いくら

a0107822_16471472.jpg


穴子は塩と柚子胡椒で

a0107822_16474135.jpg


葱トロ

a0107822_16481329.jpg


自家製のアイス これまた美味し

a0107822_16484523.jpg



 やっぱりね 久遠は良いと改めて堪能
このシャリの米粒の感触 口の中でほぐれる感じ 思わず笑みがこぼれる
お鮨って 季節ごとの旬のネタもあるけど ほとんど通年でいただけるものが多い
そんな中 安定してるってやっぱりいい。
そしてやっぱりご主人が素敵なんだよね
伺う度に『何がいただけるんだろ・・・』とドキドキ
理想 月一で伺いたいものだ
[PR]



by rusank330 | 2012-02-08 08:01 | お寿司

トロタク多目 ☆


 居酒屋使いの かまた寿司

とろたく頼んだら 大盤振る舞いでした

a0107822_8383898.jpg


しかし妙齢には大トロは少し重い やはり中トロがベストかと
[PR]



by rusank330 | 2012-02-06 08:40 | お寿司

すし 久遠 食べおさめ☆

今年も残すところ あと1日 

いろいろといただきましたが 330といえば鮨 そのなかで今年一番はこちら 

代々木上原にある すし 久遠 

a0107822_23422279.jpg


今年は、これで締めくくろうと活きこんで訪問

まずは平目わさびと肝で

a0107822_23434867.jpg


鰹の漬 このねっとり感が素晴らしい

a0107822_23444420.jpg


今日は焼酎で六代目百合をお馴染みの切子で

a0107822_23451499.jpg


穴子の炙り 鱧を髣髴させる食感 このレア感は他では味わえないもの

a0107822_23462644.jpg


鯛の昆布〆

a0107822_2346479.jpg


鯛の淡白さを昆布が・・・・素敵 シャリが口の中で一粒づつ感じる 

けしてかたまりの米粒が口をさえぎることはない

こはだ 〆かたが本当に好みです ご主人・・

a0107822_2348260.jpg


山山葵 いまやこちらでは烏賊より主役 お酒が進む

a0107822_23503554.jpg


かすご鯛

a0107822_23505116.jpg


私が一番好きなグラス この琥珀色が素晴らしい

a0107822_23512263.jpg


青柳

なんて可愛いらしいこの形は国産ならではらしい 中国産だと良く見るまな板叩きつけなくとも
反り返るらしい

a0107822_23523854.jpg


こうしたさりげないご主人の話が私は大好き

白子です 文句なしの口でとろけるなり

a0107822_23533970.jpg


海老 塩と醤油で 塩は頭の味噌に毎度ながら悶絶

a0107822_23542249.jpg


わがまま言って 山山葵をいただく

a0107822_23545824.jpg


中トロ

a0107822_23552272.jpg


たらこのカラスミ 鯔とはことなるたらこの食感だけど風味はからすみです

a0107822_23564212.jpg


蚕豆 初物です

a0107822_23574211.jpg


伊達巻

本来伊達巻は好まず しかしふわふわの熱々 もはや別格

a0107822_23583975.jpg


蛸の小豆煮

限りなく柔らかい

a0107822_23591647.jpg


ピクルス 箸休めにありがたい こはだ同様 〆方に角がない

a0107822_23594042.jpg


鯖 言葉なし

a0107822_004637.jpg


帆立の磯辺焼き

a0107822_014050.jpg


赤身の和辛

a0107822_021877.jpg


烏賊飯 お初もの

a0107822_033379.jpg


あん肝 しょうが煮で 新橋のまさを思い出す

a0107822_041922.jpg


雲丹 

a0107822_043980.jpg


茶碗蒸 梅入り 鰹出汁と梅は最強のコラボ

a0107822_054784.jpg


白魚を握りで 紫蘇で包むように握ってくださる

a0107822_064798.jpg


この白魚の大群・・・スイミーと言う小学1年生で習った国語を思い出す

鰤の背中の部分

a0107822_082667.jpg


穴子

a0107822_084314.jpg


追加で干瓢

a0107822_091374.jpg


鯖とガリの巻物 白ゴマがいい仕事してます

a0107822_095449.jpg



 この日は、切子のグラスから 御徒町 寛八鮨と近しい関係にあることが発覚

世間というか 偶然にもこちらに通う前からの寛八ともご縁があったなんて 感動

毎度 こちらに来る前は少し緊張するのである

その理由は気さくなご主人なのになぜか緊張するのだ 

そして この夏以降、おススメを聞かれると必ず こちら久遠を勧める

お鮨はさることながら 必ずいうことが『ご主人が、素敵なの』と『どう、素敵なの?』には

『なんていっていいかわからないけど素敵なの』と 答える私

今年は、こちらのお鮨とご主人が、私のNo1なのである072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif
[PR]



by rusank330 | 2011-12-30 08:12 | お寿司

330のさもない胃袋のお話を・・・・
by rusank330
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

新橋 鳥九 鳥九コース
from Tommyのきままなグルメラ..
新橋 魚金4号店 刺身六..
from Tommyのきままなグルメラ..
ジャケ・ピックアップ
from さくさく
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
絶品!!ブルーベリーソー..
from 「料理と趣味の部屋」
創作「きのこソースのハン..
from 「料理と趣味の部屋」
品川・インドカレー「デヴ..
from しずる!写真グルメガイド

ファン

ブログジャンル

画像一覧