330の胃袋 ☆

カテゴリ:お寿司( 111 )




初音鮨 ひと塩ひと晩を味わう ☆

初音 4月某日 4回目 の訪問
この日は6名の平均年令オーバー50の方々とご一緒に

いつも通り 炊きたてのシャリを一口いただきながら本日の魚の話から

鮪は那智勝浦 和歌山県282キロ級

純米吟醸 美丈夫という 高知のお酒を

まずは、すみいか 2度高い三浦小柴から
かつては小柴と言えばしゃこ、いまではなかなか手に入りずらく高級品らしい
薄塩当て一晩寝かせている。

こはだ 子供ができたらお休みだとか
背の部分 を初めて頂くがこれで呑める
なんともずっと噛みしめていたい滋味深い味

赤貝 いまが旬 ひと塩一晩 三重産

新しょうが も初物だからかいつもよりマイルドな味わいだ

島根 扶桑鶴 特別純米 お酒も進む

平政 最大で20キロこの時期で15キロ
漬けでいただくが、弾力ある食感だか脂があっさりとしている、 千葉県勝山産

赤身漬け 切って更に5分おく

甘エビ の胆握りと味噌 薄塩一晩 身を締める甘味倍増 する。旨すぎる

中トロ
無濾過の生原酒 山梨県 旦 純米

鳥貝 磯野香りが鼻孔を~って感じで

三重の鯵 ひと塩一晩
鯵ってお鮨やならそのままか 炙るくらいしかないかて思ったら寝かせることで熟成されとんでもない旨味になることをしりました。

大トロ 2貫 良質の油と脂はすばらしいのだ

蛤 これはいつもながら絶品

鯛 2週間寝かせるとか まるでプロシュート のようだ。 薄く塩 一晩
腹と胸と、あわせる 旨味アップ 四国八幡山産だったかな

特別純米 飛露喜 いつもよりお酒が進む

北紫雲丹 かつてない雲丹を食してしまった 道南でとれたもの
これからますます雲丹が美味しくなりますな

毛蟹 800㌘から1000㌘のやや小ぶりの蟹
あんまり蟹って興味ないけど別格

鉄火巻きに


干瓢そして 玉子

おそらく17から18の握りに巻物

毎回ながら手の掛けた鮨と天然をいただける贅沢さ
素晴らしいに尽きる016.gif


a0107822_11584258.jpg

[PR]



by rusank330 | 2014-05-28 11:34 | お寿司

鮨 奴すし 熊本 ☆

熊本観光大使に勧められたもう一軒のお鮨 奴すしへ

当初 熊本から電車ではいけない場所 車でも2時間以上と諦めていたところに

バス観光にみこし鮨でのランチ付というバスツアーを発見 それも5,000円しないという料金

迷わず申し込み  お鮨の神様はいたようです

朝9時に市内を出発し 2時間あまり着きました

a0107822_17292269.jpg


もちろんバスツアーのイベントのひとつなので3150円のランチですが

a0107822_17305079.jpg


a0107822_17305861.jpg


たち魚など白身満載

a0107822_17314756.jpg


雲丹はいまひとつだったな・・・

a0107822_17322055.jpg




a0107822_17324222.jpg


デザートつきで

a0107822_17331923.jpg


a0107822_1733346.jpg


この後バス停までタクシーがついており 帰路の中クルージングまでついている

熊本の名産のオブジェのようだ

a0107822_1735911.jpg


a0107822_17363060.jpg


観光は基本興味ないんだがそれなりに楽しんだりして

a0107822_17372656.jpg


バスツアーといっても普通の各バス停に止まるバス

片道2500円程度して且つクルージングが1,500円 タクシーまで付いていて5,000円の

このツアーはかなりのお得であったと思う [#IMAGE|S49#]
[PR]



by rusank330 | 2014-05-19 17:40 | お寿司

鮨 味良 熊本 ☆

今一度 お鮨の食べれない旅行は興味ありません

熊本県民のお勧めの味良さんへ 路面電車でGoGo

a0107822_1453447.jpg


おまかせで

菜の花のジュレ

a0107822_14545578.jpg


刺身は、赤貝、水烏賊、雲丹を鯛で巻いたものなど

a0107822_1457958.jpg


平貝の磯辺焼き

a0107822_14572737.jpg


河豚の握り 初めて 身がもちっりしていて淡白だけど旨み濃厚 塩でいただく

a0107822_1503013.jpg


熊本のお醤油は甘いのでお鮨は塩でいただくのだ



a0107822_1512972.jpg


中トロ

a0107822_151516.jpg


海老 これは湯引きしているんだけど生の部分との按配が絶妙で美味しかった

a0107822_153866.jpg


ガリは穂先の部分と

a0107822_1541418.jpg


雲丹も塩で

a0107822_1545766.jpg


揚げ物は筍と生麩だったかな

a0107822_1555079.jpg


いくら

a0107822_1563560.jpg


炙りトロ

a0107822_1572530.jpg


白子も

a0107822_1581588.jpg


白身の炙り

a0107822_1591316.jpg


穴子

a0107822_151077.jpg


芽葱

a0107822_15104862.jpg


たまご

a0107822_1511308.jpg


山葵のアイス

a0107822_15121595.jpg


全部塩でいただくお鮨も初めてだったけど十分に堪能

ご主人の気さくな感じと熊本弁で心が和んだ熊本第一目の夜スタートであった


012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif012.gif011.gif011.gif011.gif

この後はくまモンBarへ

a0107822_1516070.jpg


あたりまえだけどくまモンだらけ

a0107822_15164193.jpg


a0107822_15171323.jpg


a0107822_15173330.jpg


店内もずーとくまモンソング Barなんで一応呑めます

a0107822_1518173.jpg

[PR]



by rusank330 | 2014-05-19 15:19 | お寿司

鮨 高橋 駒込 ☆

 久々に駒込の高橋へ

お正月早々だったので炊合せ

a0107822_1362256.jpg


相変わらず切子のお猪口にグラスが美しい

a0107822_13165716.jpg


日本酒 高橋ブレンドをいただく 二種の山廃をブレンドしている

a0107822_13163147.jpg



のっけから玉子

a0107822_13154819.jpg


いくら

a0107822_13151596.jpg


茶碗蒸

a0107822_1315695.jpg


お刺身は中トロ 甘海老 

a0107822_13144110.jpg


げそ

a0107822_13143052.jpg


雲丹

a0107822_13135963.jpg



お酒が進む

a0107822_13173356.jpg


寒ブリの巻物

a0107822_1318883.jpg


珍味で口子と自家製からすみ

a0107822_13191310.jpg


三大珍味にからすみ、口子がはいっていないのはご主人としては不服とか 確かに

寒ブリのお腹の部分 脂がくどくない

a0107822_13203556.jpg


穴子は塩と煮詰め

a0107822_1321552.jpg


さらに雲丹を手渡しで

a0107822_13214117.jpg


水烏賊

a0107822_1322638.jpg


鯖は昆布と

a0107822_13223941.jpg


甘海老 おれは美味しかったな

a0107822_13231523.jpg


あん肝

a0107822_13234488.jpg


牡蠣

a0107822_13241178.jpg


金目鯛

a0107822_13245233.jpg


赤身の漬

a0107822_13252097.jpg


白子

a0107822_1325442.jpg


中トロ

a0107822_13261846.jpg



葱トロに中トロという贅沢さ

a0107822_1327233.jpg


a0107822_13271811.jpg


これなんだっただろう。。。。。


a0107822_132865.jpg


干瓢

a0107822_13282756.jpg


以前は裏メニューだった稲荷 さすがにキャパ140%超えで持帰る

a0107822_1329431.jpg


デザートは苺

a0107822_13301531.jpg



 多分2年ぶりくらいに訪問だったがコース三種いずれも料金変更

21000円のコースのみ 握りと肴の割合を選べる

一応鮨よりでお願いしたが肴も十分味わえた

やっぱり美味しいお鮨は料金に値すると納得

a0107822_13325925.jpg

[PR]



by rusank330 | 2014-02-15 13:34 | お寿司

鮨 あい澤 渋谷 ☆

 握り手が一人でやってる若手のいい店があるよと聞き 訪問

a0107822_15134078.jpg


お通し
蛤の酒蒸

a0107822_1514382.jpg


大葉がのっているのが好みでなかった。大葉が好みでないのではなく大葉の香りが蛤の味を
ころしてしまっているような、彩りなら芽葱でも良いだろう


帆立の磯部巻き

a0107822_15181938.jpg


帆立の柔らかさと海苔のクオリティが、、、なのか食感、味にポイントがない

白子

a0107822_1520686.jpg


日本酒 こちらは持込料を支払えば持込OKなのだ 八海山を持参する

a0107822_1523027.jpg


自家製あん肝

a0107822_15304827.jpg


こんなにあるのにちょっぴり・・・

a0107822_1531633.jpg


蛸の柔らか煮、柔らかくない煮

a0107822_1530842.jpg


こういうの好き

a0107822_15302485.jpg


中トロ

a0107822_15315427.jpg


シャリはかなりかためで好みである。銀座太一なみの好みかも


こはだ

a0107822_15315072.jpg


ガリ同様 酢のかど全開できつい

真鯛

a0107822_15343121.jpg


平目

a0107822_1534186.jpg


車海老
目の前で湯引きしほとんどレアのまま

a0107822_15365561.jpg


墨烏賊

a0107822_15363327.jpg


さより

a0107822_153783.jpg




a0107822_15374431.jpg


いくら

a0107822_15381460.jpg


雲丹
この雲丹を軍艦にしなかったかのは無理があるでしょう・・・

a0107822_15402598.jpg


穴子

a0107822_15411861.jpg


玉子

a0107822_15413953.jpg



お任せは12000円。四合瓶の持込は3500円、呑み助なら持ち込んだほうが良いだろう
総じて味のほうは好みでなかった。
特にガリが好みでない、酢の角がきつかった。ガリ好きの私が最初の盛を食べきることは
なかった。シャリは美味いのだがネタとの一体感がなくまとまらない
肴もいまひとつ、、、感じは良いのだが。。。。残念。
[PR]



by rusank330 | 2014-01-08 07:00 | お寿司

寛八 ☆


 年末近くに思い立って 寛八へ

お通し

a0107822_1444382.jpg


蛸の柔らか煮

a0107822_14445574.jpg


この日は日本酒で

a0107822_14453079.jpg


日本酒をいただきながら肴をつまむ

a0107822_14462477.jpg


白子

a0107822_14494083.jpg


あん肝

a0107822_14494149.jpg


お酒が進む 日本酒 三種あるなか順番に呑むことにする

a0107822_14511979.jpg


卸 特注らしい 小さいのにずっしりと重いのだ

a0107822_14523224.jpg


さざえ

a0107822_14523553.jpg


銘柄は忘れたけど この日はお酒が進んだな・・・

a0107822_14532012.jpg


中トロ

a0107822_14545635.jpg


車えび

a0107822_14553587.jpg


鰤の炙り 香りが良かったな

a0107822_14563673.jpg


鰤の腹の部分だったかな。

a0107822_14575324.jpg


穴子  相変わらずつめの色が美しい

a0107822_1458361.jpg




a0107822_1459108.jpg


なんだっか 失念・・・

a0107822_1501613.jpg


烏賊

a0107822_1511474.jpg


卵 芝海老の風味たっぷり

a0107822_1514448.jpg


赤貝の紐

a0107822_1523088.jpg


葱トロ

a0107822_152592.jpg


いくら

a0107822_1531886.jpg


寛八といえば河童巻き

a0107822_1535196.jpg


お多福豆

a0107822_1541253.jpg


この日はしゃりが少々ゆるかったが 久々に近ちゃんが握る姿もみれたので良しとしよう。
[PR]



by rusank330 | 2014-01-07 15:08 | お寿司

初音鮨 ☆

4ヶ月ぶりの初音鮨

この日も気合いいれて身を清めて(髪を切るくらい)来訪。

この日は、私たちをいれて3名なり。

新潟 高千代 純米酒で

大間マグロ キロ46000円だったか
毎度の鮪を切るパフォーマンスからはじまる。
いやこの日は格別に美味しかった。
春子鯛 背と腹の部位を重ねて始まりと終わりの食感と味覚の違いを味わう。
この時期は 海老が餌だから海老の味わいがするのだ。

青柳 薫りと身とヒモと食感を味わう

ひやおろし 白菊

こはだ 今まで食べた中で一番美味しい
甘みは骨の近くから 書いているだけて口の中で涎が

赤身漬
切たて時間差で熟成させた2貫

蛤潮仕立て そろそろ天然蛤も終わりかな

寒平目 気仙沼から 身の美しいこと
既に数日前の熟成した切り身と腹とえんかわの美しき三位一体攻撃に口の中はもはやノックアウト
天然という熟成は昆布のうまみを発生するのだ。


五凛 山田錦

中とろ 何キレ切ってくれるのだ
この日は4貫いただいた。
食べ進むうちに脂部分が強いのだが、脂が甘くそして醤油の角か取れていき甘味を増すのだ。

寒鰆 皮を湯通し
皮目の旨い鯖化 こちらも背腹あわせ

いくら二貫
軍艦じゃないのに握って逆さにしてもいくらが落ちないのだ。
目を閉じると卵かけごはん


大トロ
さしのはいり方がなんともセレブでため息をつく。少しねかしていただく

しらこ 根室 軽く炙り熱々を握る

〆張鶴 純 という日本酒


松葉蟹
蟹があるときは海老なし
味噌部分をあえる かにみそ三位一体にアウト…


鉄火巻き

かんびようまき。

いつものデザートのような卵焼きで〆


いつも最高だがやはり冬の魚は旨いのだ。いつも以上にお酒も進み支払いは目が飛び出た…
しかし初音なら文句は云うまい。しかし1ヶ月以上前だけど美味しいものは記憶に残る。
[PR]



by rusank330 | 2013-12-24 10:34 | お寿司

すし処 まさ 一年ぶりの再々訪 ☆

一年ぶりの 3回目の訪問 すし処 まさ

今宵も3人で貸切

a0107822_13504032.jpg


縞海老に生蛸 

a0107822_13513574.jpg


身内しかいないから頭のお味噌まで吸うようにいただきます

蛸の口 珍味です

a0107822_13543468.jpg


焼酎の持参 芋ですが宮崎ですし屋でもっとも出されているということでこちらを用意しました

a0107822_13541230.jpg


秋刀魚 この光りの神々しさよ

a0107822_13551347.jpg


びんちょう鮪のトロ

a0107822_13561553.jpg


焼きます

a0107822_13563777.jpg


牡蠣  今年食べた中の一番ミルクな味わい

a0107822_13591731.jpg


自家製の豆腐

a0107822_1401880.jpg


にぎりへ



a0107822_141121.jpg


墨烏賊

a0107822_1413882.jpg


こはだ

a0107822_1423279.jpg


さより

a0107822_1441820.jpg


太刀魚

a0107822_1462296.jpg


青柳

a0107822_1455422.jpg


秋刀魚

a0107822_1463022.jpg


いくら 目を閉じていただくと卵です

a0107822_147754.jpg


鉄火巻き

a0107822_1482819.jpg




a0107822_149792.jpg


葱とろ

a0107822_1495560.jpg


これで6000円 貸切とは毎回思うがお手頃 


身内(3人限定)でお鮨をいただけるのはありがたいことである。

また来年
[PR]



by rusank330 | 2013-12-09 13:47 | お寿司

松乃鮨 大森 ☆

大森 松乃鮨へ

a0107822_817369.jpg


大森海岸はかつて多くの芸者さんがたくさんいたらしい

いまでもその名残があるようでこちらのお鮨屋は今でも芸者さんに利用されているとか


お通し 蛸の柔らか煮

a0107822_82018100.jpg


お任せはお鮨と肴 好みの配分でお願いできる

白海老 ねっとりと甘い

a0107822_820414.jpg


中トロ 赤貝

a0107822_8223650.jpg


カレイを

a0107822_823678.jpg


肝でいただく 

a0107822_824162.jpg


日本酒は浦霞を


a0107822_824482.jpg


土瓶蒸し

a0107822_8243421.jpg


焼き物

a0107822_825124.jpg


自家製の蟹味噌

a0107822_8251519.jpg


蟹味噌を自家製味噌とわずかな醤油で煮詰めていくとか
煮詰めていっても蟹味噌の味わいはしっかりと残ってる


握りへ

鮪 中トロ 大トロ

a0107822_8272764.jpg


平貝

a0107822_8283412.jpg


ボタン海老塩と醤油で このねっとり感と甘み

a0107822_829183.jpg


平貝の磯部巻き

a0107822_8433468.jpg


長芋の漬物

a0107822_8305987.jpg


いくら

a0107822_8313538.jpg


できたての玉子焼き ・・・・なにか足りない・・・

a0107822_832551.jpg


車海老

a0107822_8325180.jpg


穴子 つめは6日間煮詰めてつきたしているとか かなり濃い目の味

a0107822_834232.jpg


ねぎトロ

a0107822_8342699.jpg



 この数ヶ月は初音に傾倒しているのでついつい比較してしまう

総じて悪くはないが なんかインパクト記憶に残らないような

握りはシャリのかたさはよいが握りが甘いかと

いつも通り口開けに入ったからか まだシャリが馴染んでいないところに脂ののった

ネタでは上手く味わえない。。。。

親方といわれる言葉すくない無口な父親と若と呼ばれる小泉幸太郎似の息子

このご子息の爽やかな顔立ちに接客 それだけが印象に残ってる。

a0107822_8422846.jpg



a0107822_845413.jpg

[PR]



by rusank330 | 2013-09-04 08:44 | お寿司

初音鮨 鱧と鮎を食す ☆

5月の訪問の際、次は夏の鱧と鮎を味わってほしいとご主人
しかとその言葉は、インプットされ この2ヶ月、初音鮨に魅了されたのか 鮨やの暖簾はくぐらずにいた

『旨い鱧を今まで食べたことはあるのか?』『鱧を旨いと思ったことはあるのか?』自問自答しつつ、しかしあれだけ主人が自信持っていたから味わってみようと7月入るなり予約
女将が天候によって鮎はないかもしれません、と予めいわれる。

5時半開店

10分前に到着
すると女将が昨日は鮎は入らなかったんですよと、ついている。
他のお客も皆5分前に到着
この日の方々は皆時間厳守でありがたい

いよいよスタート
まずはプレゼン1番手としてやっぱり鮪

北海道噴火湾 キロ48000円

それを赤身、中とろ、大とろに分けていく

伊豆 あおりいか
時間に合わせて炊きあげたシャリはまだ柔らかいうちは淡白な魚から

日本酒 土佐 白菊 純米吟醸

鬼かすご
人肌に湯通しし炙る この人肌が一番甘味を感じる温度だとか、淡白ながら素材の甘味を味わう

はまぐり
前回絶賛したネタ 口の中で肝のこくを噛み締める

城下かれい 大分産
藻塩で余分な水分をとり昆布〆にされたカレイを舌と香りで楽しむ

京都 鱧
新鮮な鱧は骨切りしても皮が動いている
まずは蒸したもの
口の中で鱧そのものの出汁がジュワり
、新鮮だからこそ味わえる、主人が力説していたのはこのことか


本牧 天然海老
頭の味噌も

勝浦 鰹
尾の皮目の部分を一緒に握る
つい鰹は腹の部分、戻り鰹を選び価値だか(脂がのってるのが好み)脂が飽和されていて鰹本来の旨味がきえてしまうとか
確かにこちらの鰹は鰹節を食べているみたいだ

和歌山 紀土 夏の疾走
特別純米酒
名前通り夏のお酒 口当たりまろやか

赤身を2貫
言うまでもなく

鱧2貫目
軽く炙り、子と一緒に
な、な、な、なんなんだ
子の食感に加え炙ることで更に鱧の出汁が口の中に広がるじゃないか



雲丹
バフンにムラサキ雲丹
一度に味わえる贅沢さ
バフンは濃厚、ムラサキ雲丹は塩水の香りが口のを広がる

鮎は軽く焼いた身にうるかと一緒に
焼いた香ばしさにうるかの苦味
酒を呑まずにいられない

シャリに赤酢が馴染んだところに中トロ2貫

山田錦 五凛

巻物
鮪のすべての部位を別名贅沢巻

干瓢

玉子
芝海老を、ふんだんに使っているまるでカステラのような卵焼き
贈呈様にいただきたい

しめて玉子まで数えると18貫に二巻

写真は撮らなくても頭の中に記憶されているのだ

次は9月あたり
いくらをいただきに伺わねば

a0107822_1941548.jpg

[PR]



by rusank330 | 2013-07-24 19:44 | お寿司

330のさもない胃袋のお話を・・・・
by rusank330
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

新橋 鳥九 鳥九コース
from Tommyのきままなグルメラ..
新橋 魚金4号店 刺身六..
from Tommyのきままなグルメラ..
ジャケ・ピックアップ
from さくさく
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
絶品!!ブルーベリーソー..
from 「料理と趣味の部屋」
創作「きのこソースのハン..
from 「料理と趣味の部屋」
品川・インドカレー「デヴ..
from しずる!写真グルメガイド

ファン

ブログジャンル

画像一覧