330の胃袋 ☆

2011年 09月 11日 ( 3 )




家のみは焼酎で ☆


 9月になってもまだまだ暑い。。。

先週はスヌ子さんのお料理教室で 大量のマッシュを購入

同じく教室で台湾土産に差し入れていただいたxoジャンをマッシュにつけたら

みんな止まらず・・・・

翌日 私もxoジャン買いました

で ビックマッシュと白身魚をxoジャンであえて セルフィーユをのせて

a0107822_9455185.jpg


家ではもっぱら焼酎です これ宮崎展で購入した限定もの 

やっぱり限定・・・このことば 弱いです

a0107822_9465976.jpg


家のみではマカロニサラダ良く作ります

a0107822_948939.jpg


豚肉にパプリカ そしてひじきの炒め物 コーンもあったから実をそいで

a0107822_949161.jpg


家のみってダラダラと長いんだけど いつでも寝れるしいいよね



 これいったい何?

a0107822_9505416.jpg


スヌ子さんのお料理教室でお酒の足りない人は 一杯300円でいただけるわけで

あっという間に小銭がたまっていく 一見賭け事のおぜぜ?にも見えなくても

先週は、お教室がおわったあと 三宿まで更に呑みにいく

 そこで先日限定で復活した complexの録画を観たけど それ以来 

Be My BabYが頭から離れない でも吉川晃司 ファンじゃなかったけどカッコ良かったなぁ

 
[PR]



by rusank330 | 2011-09-11 09:58 | おうちごはん

久遠 再訪 ☆

 この日は、私の快気祝いということで久遠へ再訪

a0107822_8544173.jpg


しかし この快気祝い 主催者は 病人であった私というわけで いろいろご心配を掛けた

monmonさんとミッチーのために一席設けたわけ

まずはビールで喉を潤す

a0107822_8551369.jpg



このグラスも切子

蒸鮑と肝

a0107822_8563018.jpg


鮑ってコリコリした食感を味わうのもいいが私は柔らかい方が味わえて好き 肝も濃厚

カレイと肝

a0107822_8584639.jpg



ひとくちでいただくのは非常にもったいない 


鰹の山山葵漬

a0107822_90666.jpg


山山葵は、そのかどのない風味が好きだなぁ

日本酒 秋田の山灰

a0107822_92069.jpg


a0107822_921421.jpg


ご主人のご実家が切子の工房なのでいろいろな風合いのグラスを楽しめるのもここでの楽しみ

monmonさんも切子をやっているので興味深々

穴子焼き

a0107822_94382.jpg


限りなくレアな白焼き これは他ではいただけない



a0107822_945570.jpg


新烏賊 甘い

 
a0107822_951812.jpg


こはだ 〆具合が本当に好みだ

a0107822_9628100.jpg


monmonさんは焼酎へ 六代目百合というのがとても呑みやすい

a0107822_965532.jpg


このグラス 下のほうは茶色に色づけされていて本当に素敵なグラス

山山葵と烏賊 このおかかと山山葵だけで呑める

a0107822_99952.jpg


かすご鯛

a0107822_993362.jpg


更にお替り

a0107822_9101573.jpg


このピンクが私は好み

新生姜

a0107822_9105755.jpg


秋刀魚 

この日 三人で悶絶 上にのった肝がなんとも言えない これやばすぎ

a0107822_912876.jpg


シシャモ 雄が脂がのりいい時期だとか

a0107822_9124146.jpg


更にお変わり 毎度毎度グラスが違うので次はどんな?で楽しみ(危険)

このグラスもグリーンが素敵だ

a0107822_9134932.jpg


中トロ

a0107822_9144081.jpg


山山葵を更にいただき 三人ともお酒が益々進む

a0107822_9152812.jpg


鯵の白ゴマ和え

a0107822_9155069.jpg


無漂白の胡麻を一晩水に漬し 今度はひたすら炒めて胡麻を膨らませるとか

それがふっくらした食感を生むらしい

げそ焼き

a0107822_917841.jpg


マンボウみたいな切子

a0107822_9175394.jpg


赤身の和からしで 漬けの奥深さをひたすら舌で堪能する 3人

a0107822_9184631.jpg


鯵 のってます 脂 この切り方も鯵の食感をかえる

a0107822_9201088.jpg


箸置きも自家製です

a0107822_9212354.jpg


平貝の磯部焼き

a0107822_9215693.jpg


これ確か高部という小田原の魚

a0107822_9231391.jpg


お稲荷 新作だとか 駒込の高橋とまた違いこれまた美味い

a0107822_924432.jpg


蛸の小豆煮 口の中でとろける

a0107822_9245257.jpg


茶碗蒸

a0107822_926036.jpg


雲丹 

混ざりもののない雲丹は絶品です

a0107822_9265741.jpg


いくら

a0107822_9271872.jpg


あん肝煮のスイカの漬物をのせて

a0107822_928274.jpg


柔らかいあん肝を煮て更に柔らかく でもあん肝の風味はきちんと残っている 素晴らしい

穴子

a0107822_930664.jpg


卵焼き 甘くて出来立ては美味しい

a0107822_930393.jpg


車海老 頭の部分は味噌が挟んである

a0107822_931552.jpg


こちらのカウンター かなりの厚み 20センチ超はあるだろうか 完全日本製の木をつかっているのは

早々ないらしい ご主人のこだわり

a0107822_9325842.jpg


切子のお猪口

a0107822_9333073.jpg



きな粉のアイスで〆


a0107822_934356.jpg



 今回も十二分に堪能しまいした。3時オープンなのでその時間帯は他にお客様もおらず

貸切状態でこれまた嬉しい。

二度目の訪問であったが、どの魚も必ず手を加えておられる。
なんだかこの店他になく 惹かれるのはなんなんだろうと、帰途考えると
店主の野口さんの人柄というか 気さくなご主人上、いろいろとネタあかしをしてくれるものの
だからといって馴れ馴れしくもなく その距離感がなんともいえず 野口さんの品性を感じる、
という結論に行き着いた。

 次回はいつかな。
[PR]



by rusank330 | 2011-09-11 08:54 | お寿司

向島葡萄亭 押上 ☆

 押上にある遠藤利三郎商店がプロデュースした向島葡萄亭へ

3種類のコースがあるが、期間限定でお得な粋コースをオーダー

全てのコースには、その料理に合うワインを用意してくれるわけだ


a0107822_891641.jpg


店内は、和的なシックな作り

a0107822_894817.jpg


サービスのシャンパン

a0107822_8101074.jpg



アミューズ

a0107822_8103215.jpg


ローストしたアーモンド チーズスティック 揚げたニョッキが一番美味であった

後は失念・・・・


パンも自家製

a0107822_8125216.jpg


熱々の出来立て 店がオープンして4ヶ月 試行錯誤の上行き着いた味だそう

小麦の香りがぷんぷん

a0107822_8134612.jpg


見た目よりずっしりとするパンを割ると湯気が・・・でも映らず残念


ズワイガニとトマトのテリーヌ

a0107822_8145866.jpg


ワイン

a0107822_8151717.jpg


ロゼ色のワインだった


フォアグラのコンフィと無花果のジュレ

a0107822_816710.jpg


ヴァンクゥール 

フォアグラにあわせているせいか 甘めの貴腐ワインのようなテイスト

a0107822_8163615.jpg


a0107822_8184936.jpg


なめたカレイと帆立のポワレ

a0107822_8203215.jpg


a0107822_8204552.jpg


ロゼが続く テユール・デュ・ポンのバンドールロゼ

a0107822_8211488.jpg


本来このコースは肉と魚の一方をチョイス

だけど気になっていたメニューをオーダー

25時間煮込んだ牛の頬肉

a0107822_822182.jpg


なぜに24時間でなく25時間?最初は24時間だったけど煮込みが足りなく1時間増やしたとか

想像ではもう少しガッツリと来るかと思ったが 意外に淡白。。。肉に対してソースが薄く

もう少し濃厚なしっかりしたソースが合うのではないかと勝手に思う

ワインも別にオーダー

a0107822_8244710.jpg



アバンデセール

a0107822_826592.jpg


お口直しのデザート クリームビュルレ (じゃ口直しには・・・)

キャラメル風味のイルフロッタント

a0107822_828317.jpg


更に

a0107822_829299.jpg


こちらのコースは、6500円にワインの3500円のコース それが10%引きというコスト的には非常に

リーズナブルなコース。

さて、料理の完成度は正直否めなかったな。。。ワイン好き(お酒好き)には、個人的に甘いデーザートは

ここまで必要なく この最後のsweetsで一気に胃を重たくさせられた。

 遠藤利三郎商店同様 駅から遠いならば そちらに行くのをおススメする。

a0107822_8334823.jpg

[PR]



by rusank330 | 2011-09-11 08:08 | ワイン 

330のさもない胃袋のお話を・・・・
by rusank330
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

新橋 鳥九 鳥九コース
from Tommyのきままなグルメラ..
新橋 魚金4号店 刺身六..
from Tommyのきままなグルメラ..
ジャケ・ピックアップ
from さくさく
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
絶品!!ブルーベリーソー..
from 「料理と趣味の部屋」
創作「きのこソースのハン..
from 「料理と趣味の部屋」
品川・インドカレー「デヴ..
from しずる!写真グルメガイド

ファン

ブログジャンル

画像一覧