330の胃袋 ☆

初音鮨 ☆

4ヶ月ぶりの初音鮨

この日も気合いいれて身を清めて(髪を切るくらい)来訪。

この日は、私たちをいれて3名なり。

新潟 高千代 純米酒で

大間マグロ キロ46000円だったか
毎度の鮪を切るパフォーマンスからはじまる。
いやこの日は格別に美味しかった。
春子鯛 背と腹の部位を重ねて始まりと終わりの食感と味覚の違いを味わう。
この時期は 海老が餌だから海老の味わいがするのだ。

青柳 薫りと身とヒモと食感を味わう

ひやおろし 白菊

こはだ 今まで食べた中で一番美味しい
甘みは骨の近くから 書いているだけて口の中で涎が

赤身漬
切たて時間差で熟成させた2貫

蛤潮仕立て そろそろ天然蛤も終わりかな

寒平目 気仙沼から 身の美しいこと
既に数日前の熟成した切り身と腹とえんかわの美しき三位一体攻撃に口の中はもはやノックアウト
天然という熟成は昆布のうまみを発生するのだ。


五凛 山田錦

中とろ 何キレ切ってくれるのだ
この日は4貫いただいた。
食べ進むうちに脂部分が強いのだが、脂が甘くそして醤油の角か取れていき甘味を増すのだ。

寒鰆 皮を湯通し
皮目の旨い鯖化 こちらも背腹あわせ

いくら二貫
軍艦じゃないのに握って逆さにしてもいくらが落ちないのだ。
目を閉じると卵かけごはん


大トロ
さしのはいり方がなんともセレブでため息をつく。少しねかしていただく

しらこ 根室 軽く炙り熱々を握る

〆張鶴 純 という日本酒


松葉蟹
蟹があるときは海老なし
味噌部分をあえる かにみそ三位一体にアウト…


鉄火巻き

かんびようまき。

いつものデザートのような卵焼きで〆


いつも最高だがやはり冬の魚は旨いのだ。いつも以上にお酒も進み支払いは目が飛び出た…
しかし初音なら文句は云うまい。しかし1ヶ月以上前だけど美味しいものは記憶に残る。
[PR]



by rusank330 | 2013-12-24 10:34 | お寿司

330のさもない胃袋のお話を・・・・
by rusank330
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

新橋 鳥九 鳥九コース
from Tommyのきままなグルメラ..
新橋 魚金4号店 刺身六..
from Tommyのきままなグルメラ..
ジャケ・ピックアップ
from さくさく
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
くちこみブログ集(タウン..
from くちこみブログ集(タウン)(..
絶品!!ブルーベリーソー..
from 「料理と趣味の部屋」
創作「きのこソースのハン..
from 「料理と趣味の部屋」
品川・インドカレー「デヴ..
from しずる!写真グルメガイド

ファン

ブログジャンル

画像一覧